私の更年期障害|51歳で閉経後、デリケートゾーンの炎症、トイレも近くなり頻尿に(村井美紀さん)

寄稿:東京都在住 村井美紀さん(56歳)

51歳からの身体の変化に気づいたのは乾燥です。

特に閉経してからのデリケートゾーンの乾燥やうるおい不足による下着の擦れる痛み、出血、かゆみ、性交痛、炎症などの症状です。

また、菌が減るとの事で膣の炎症も頻発でした。トイレも近くなり、頻尿に。膀胱炎も発症しやすくなりました。

対応策

デリケートゾーンのレーザー治療です。

また、婦人科で検査すると女性ホルモンはほぼゼロでしたので、ホルモン療法でも注射や薬ではなくイソフラボンのサプリメントや、骨量を補うためカルシウム豊富な小魚、乳製品などを意識し食事で補っています。

また、肌の乾燥はお風呂出てすぐの全身オイル塗布、デリケートゾーンもパックや専用保湿をしています。

更年期に悩む方へのアドバイス

全て結びつけてしまうと、なんだか悲しくなりますよね。どうしてもまだまだ頑張る年頃だと思うので『これでいい、今が、いい』を心がけています。

そして、いつまでも女性性を楽しむこと!

女性ホルモンがゼロでもフェロモン100で!!

ミドル世代を応援することは私のライフワークですから、更年期世代の皆様と一緒に美しく微笑んでいたいですね!

村井美紀さん Profile
医療監修Dr.リンパ®開発者
2022ミセスグローバルアース日本大会ファイナリスト
姫の会代表
村井美紀さんのインスタグラム

ドクター監修のDr.リンパは『病気にならない心と身体をつくる』代替医療を目指し3万人施術実績を誇るものです。日々皆様に体…

関連記事

2021年6月30日の美人さんは高齢者のライフケアをメインに行う(株)JAPANMLD代表にして、一般社団法人ミドルエイジ・セラピスト協会理事長の村井美紀さんです。そしてその一方、「頑張り過ぎてる女性を応援する」姫の会の会長とのこと[…]

50s.online編集部では未だ十分に認知されていない「更年期障害」の具体例をご紹介することで、各家庭や職場での理解を促進するキャンペーンを行っております。

また「更年期障害」は人によってそれぞれ症状と対応が異なると言われておりますので、あくまで参照資料としてお読みいただくようお願い申し上げます。
Google News

Read full articles from 50s.online編集部 and explore endless to…