私の更年期障害|50歳頃から片頭痛と感情の起伏が激しくなり反抗期の息子と大バトル(田實かおりさん)

寄稿:東京都在住 田實(たじつ)かおりさん(53歳)
50歳になったあたりから、今まで感じたことのない不調が身体のあちらこちらに現れ始めました。

また、若い頃から悩みの種だった片頭痛が更に酷くなり、毎日頭痛薬を服用してなんとか身体を動かしていた時期もあります。

メンタル面では感情の起伏が激しくなり、反抗期真っ只中の息子と大バトルになる事がしょっちゅう。自己嫌悪を感じて悲しくなる事も多かったです。

対応策

実はそれまで気がついていなかったのですが『それ更年期障害じゃない?』と友人から言われてハッとし、そうか、これが更年期障害なのか!と思えた途端『だったら、こんな事だってあるよね』と気持ちが楽になりました。

それからは『なるべく自分をゆるめてあげよう!』と意識をして一人でスパに行って一日のんびりしてみたり、海へ行き裸足になって波打ち際で遊んだり『これやりたい!』と思う事を我慢せずに自分にさせてあげました。

時には一休さんのように『慌てない、慌てない、一休み、一休み』 などと心の中で唱えてみたりもして。(笑)

そして、頭痛が少しでも良くなれば…と【メディカルアロマ】を生活の中に取り入れてみました(フランスなどではアロマオイルを医療現場で使う事もあり、そこでは『メディカルグレード』と言われる品質の高いオイルが使用されています)。

頭痛の時、希釈をしなくても使う事ができるメディカルグレードのアロマオイルを直接こめかみに塗ると、不思議なくらい痛みが和らぎました。

そしてだんだんと頭痛薬を使う事がなくなり、頭痛自体も少なくなって、今では頭痛薬をほぼ使わずに生活が出来るようになってきています。

頭痛の事だけではなく香りの作用で気持ちも安定し、気がつくと毎日元気でいられるようになっていました。

私と同じような方が少しでも楽になれば…と、こちらのオイルを使用したアロマトリートメントをサロンのメニューに仲間入りさせる予定でおります!

更年期に悩む方へのアドバイス

家庭の為に、
子供の為に、
仕事の為に
と、自分を後回しにして少し無理をして来た優しい頑張り屋さんほど更年期の症状がきつく出てしまう…という話しを聞いたことがあります。

もう、十分頑張って来たのでここからはご自身を最優先! 一番に優しくしてあげましょう。

好きな香りのアロマオイルを一つ用意しお風呂に数的入れてゆっくりと温まってみたり、キャリアオイルで希釈をしてセルフマッサージをするのもオススメです。

手からはエネルギーが伝わると言われています。触ってあげることでエネルギーをご自身に向け、存分に自分を可愛がってあげてください。

(アロマオイルにはその人に合わない種類もあるので気をつけながら使用してくださいね)
不調が続くと『この先もずーっとこうなの?』って不安になっちゃう時もあると思います。
でも、大丈夫ですよ!!必ず、辛い時期から抜けて楽になっていきますから。

私もまだ完全に抜けきってはいませんが、一生で考えたら短い時間です。辛い時は無理をせずに休んで、調子が良い時は、やりたい事、好きな事をする。

『今はそんな時期なんだな~』って焦らず、のんびり、力を抜いて過ぎてゆくのを待ちましょうね!

田實(たじつ)かおりさん Profile
完全予約制のフェイシャル専門エステサロン「マリアムーン」オーナーセラピスト

田實かおりさんのインスタグラム

マリアムーン MariaMoon

プライベートエステサロン・マリアムーンは ハンドでのトリートメントを中心とした完全予約制のフェイシャル専門エステサロンで…

初めまして、かおりんです!某大手化粧品会社でのエステティシャン経験を経て現在美容関連と音楽関連、形の違う二つの『美』を軸…

関連記事

50代でシングルマザー、お子さん2人は思春期真っ盛り。そういう状況の中でエステサロンを経営する素敵な方を応援しなくちゃと思う50s.online編集部です。ということで、2021年4月7日の美人さんは東京・五反田でプライベートエステ[…]

50s.online編集部では未だ十分に認知されていない「更年期障害」の具体例をご紹介することで、各家庭や職場での理解を促進するキャンペーンを行っております。

また「更年期障害」は人によってそれぞれ症状と対応が異なると言われておりますので、あくまで参照資料としてお読みいただくようお願い申し上げます。
Google News

Read full articles from 50s.online編集部 and explore endless to…