愛知県稲沢市のインポートセレクトショップ「Nobullin.」オーナーの鈴木修子さん

2022年2月18日にご紹介させていただくのは来月の19日に還暦の誕生日を迎えられる鈴木修子(すずき のぶこ)さん。

修子さんは子育てがひと段落した後、自分が本当にやりたいことはアパレルだと認識し、57歳の時にインポートセレクトショップ「Nobullin.」を開業された方。

そのセンスとコーディネイト力は数多くのお客様に好評とのことで、あのアーティスティックスイミングの元オリンピアンも愛用されているご様子。

そんな修子さんにご自身の経歴等をお話いただきました。

●経歴を教えてください。

栃木県に生まれ自然に囲まれて育つ。
洋裁好きの母の手作りの服やバッグを身につけ、子供時代を過ごし成長。

グラフィックデザイナーとして東京で働く。

結婚と同時に名古屋へ。
専業主婦歴25年。

子育てが終わり
自分の本当に好きな物は服という事に氣付き
服に携わる仕事がしたいと思う様になる。

自宅リビングで
予約制のセレクトショップを始める。

セレクトショップ実店舗
開業。(57歳)
現在に至る。

アパレル氷河期という言葉も知らず…
アパレル未経験が故に
何も知らず考えず
好きという思いだけで
始めたのがよかったのかも知れません。

●一番嬉しかったことは?

小さくても自分の店を持つ事ができた事。

1人で開業するのは
とても孤独だし
大変な事もあります。

でも、それ以上に自分の思う様に自由にプロデュース出来る楽しさ、醍醐味は他の何にも代え難いものがあります。

一緒に仕事をする人も
自分で選べるのも
本当に有難い事だと思います。

自分らしく自分を生きている人達との出会いが沢山で、周りは素敵な方ばかり。
志を分かち合いながら
私も私らしく生きる事が出来て、今最高に幸せです。

コロナは確かに店にとってはピンチな時もありました。
でも、逆に今まで取引き出来なかった様なブランドでも、交渉次第で取引きさせて頂ける様になったり、ピンチはチャンスというのは本当だなと実感しました。

海外仕入れの仕方や交渉戦術。とにかく一度
やってみて初めてわかる事ばかり。
様々な事を勉強出来た、実り多い時期だったとも思っています。

●これからの夢や目標をお聞かせください。

使い捨てや
ただ消費するだけの
服や物ではなく
本当の意味での
オーセンティックな物を提案し、皆さんに楽しんでいただける店に
していきたいです。

結局はそれが
今盛んにいわれている
本当のサスティナブルだと思うからです。

そして周りの方達と一緒に、この日本という国の
本質を取り戻す
お手伝いが出来れば
それが本望です。

Select Shop Nobullin.
鈴木修子


修子さん、お忙しい中ありがとうございました。

50代から何かを初めても本人の強い意思と周囲の人たちの協力さえあれば何でもできる、そんなエールを修子さんからいただき心から感謝です。

そして修子さんのお店「Select Shop Nobullin.」の公式サイトはこちらになります。ファッションと同様にそのサイトの作りもセンスが光っており、ぜひこの素敵な一画面をご紹介したく引用させていただきました。

Nobullin

ファッションで自分らしく生きる喜び。AURATIER(オーラティエ)取り扱い店舗、大人のセレクトショップNobullin…

ファッションは生き方。
なりたい自分を表現したら…
思い描いた未来が近づいて来る。

修子さんのこの言葉を読者の皆さんに贈り本日の美人さん紹介とさせていただきます。

今、自分を表現するツールをいくつ持っていますか?私の表現はひとつじゃないしあなたの表現もたくさんあっていい💛ファッション…

50s.online編集部が考える“美人さん”とは『周りの人を元気にする大人の女性』。この新しい定義も広めたいと考えております。

「今日の美人さん」企画では、写真の掲載についてはご本人様からの了承を頂いております。画像・動画の無断使用は禁じられていますのでご注意ください。