Kasuya Naoko(糟谷直子)さん52歳は東京港区在住のステージUPスタイルアドバイザー

2022年5月30日にご紹介させていただくのは、東京でステージUPスタイルアドバイザー(パーソナルスタイリスト&イメージコンサルタント)として活躍されているKasuya Naoko(糟谷直子)さんです。

そのスタイリッシュな装いと知的なオーラを醸し出すNaokoさんは、まさに東京を代表するクールな大人の女性。

同じ50代としてぜひともその半生を教えていただきたく、手記をお願いいたしました。

Kasuya Naokoさんの半生とこれからの目標

①経歴

今思うと、オシャレ好きな母の影響からか、子供ながらにトップスと靴下の色を合わせたり、色のトーンを合わせたりして着るのが好きでした。

近所のおばちゃんや同級生から”なおちゃんはオシャレねえ~”と言われていたように思います。

昔からなりたい職業は?と聞かれると、とりあえず”デザイナー”と答えてました。

美大を卒業後、昼間はOLをしつつ建築の夜間学校に通い、二級建築士の資格を取得してデザイン事務所に入社し、建築士兼インテリアデザイナーとして働き始めました。

デザイン事務所では商業施設、遊戯施設、博物館、店舗、集合住宅などの仕事に携わりました。

その後、パーソナルカラーと衝撃的な出会いをし、カラリストと言う仕事に魅力され47歳で勉強を始め、パーソナルカラリスト、骨格診断士、カラーセラピスト、好印象アドバイザー等の資格を取得。

現在は

“3秒で心を掴み、選ばれる人から選ばれ続ける旬な人をモデリングする、スタイルアドバイザー”

として、自宅サロンにて活動しております。

②人生最大のピンチ

今から7~8年前、主人が突然”アプリを開発したい”と言い出して、銀行からまとまったお金を借りたのですが、目論見よりも全然売れず、その返済のために当時住んでいたマンションを売る事になりました。

いろんな意味で以前から引っ越したいと思っていたマンションなので、売却については賛成だったのですが、希望の金額での買い手がなかなか見つからず、もしも売却出来なかったら破産する~!!と、およそ1年間、モヤモヤが止まらなかった時が今までの人生で一番最悪の時期でした。

当時は主人と罪のなすり付け合いみたいなケンカばかりで、夫婦の危機でもありました。

めでたく条件通りで売買契約が成立した時は、昼間からやっすい居酒屋で主人と2人で祝杯をあげたものです(笑) 。

こお最悪の時期にすがっていた言葉は、今も座右の銘としています。

『夜明け前が一番暗い』
『明けない夜はない』

そして、こうも思います、

\最悪の事の後は、最高が待っている/

今はおかげさまで事業資金も完済。持家はなくなりましたが、心はとっても満たされているんです。

身軽になってはじめて、都心で暮らす私達夫婦には”持ち家至上主義”は合ってなかったと気付きました。

私たちの住むエリアは特に開発が盛んで、半年後には景観が変化しています。住みたい時に住みたい場所に移動出来るフレキシブルな生活を出来る限り楽しみたいなと思ってます♪

③これからの目標

インテリアデザイナーからパーソナルスタイルアドバイザーへと転身して、生活はガラリと変わりました。

スタイリングのお仕事がない時も、メルマガを書いたり、SNS発信したり、ショッピングリサーチしたりと、はっきり言ってほぼ毎日何かしら仕事に関わる事をしています。

でも毎日が本当に楽しく、まさに天職に出会えた喜びの方が断然勝っています!

このような仕事に、人生の折り返し地点で出会えた事は本当にラッキーだと。

また、縁あって私をこれらの道に導いてくれた方々には感謝の念が絶えません。

私のスタイリング提案の肝となる主軸は2つ。

一つは持って生まれた『色』である『パーソナルカラー』を使いこなす事。

そしてもう一つは

その方の”人となり”や”持ち味”、つまりスター性を活かすテイストを見つけて、好印象な装いをご提案すること。

今はスタイリングとショッピングエスコートをメインにお仕事をさせて頂いてますが、やってみたい事は、アパレル企業やブランドさんとコラボして、いつか私が考えたアイテムが販売出来たら嬉しいなと思ってます。←夢は大きく!!

また、こう見えて40代後半に、十二指腸に初期のガンが見つかり約1週間ほど手術入院した経験があります。※今はすこぶる元気です。

入院生活というものを初めて経験した時に、すごくヒマだなと思ったのです。それで、患者さんにパーソナルカラー診断とか、カラーセラピーとか出来たら、気持ちも上がるし回復のお手伝いにもなるのでは?と思いました。

仲良くなった同じ病室の方には、退院後早速パーソナルカラー診断をしてあげたら、とっても喜んで頂けたのがとっても嬉しかったです!

病院では様々制約があると思いますが、いつかカラーを使ってそんなサービスができたなら…☆とも考えています。


Naokoさん、お忙しい中ありがとうございます。

Naokoさんはご自身の公式サイトやアメブロでも詳細なプロフィールを書かれていますので、そちらもぜひご参照ください。

Nao_Lavo

元インテリアデザイナーが選ばれ続ける”旬”な女性をモデリングステージUPスタイル研究所…

★建築設計士(二級建築士取得)~インテリアデザイナー~投資不動産会社勤務を経て2017年よりカラーと骨格(体型)について…

そしてNaokoさんのSNSアカウントはこちらになります。ビジュアルだけでなく添えられたキャプションも内容豊かで、その文才にも注目です。

Naokoさんの人間味あふれる手記を拝見し、Naokoさんのファンが増えることは間違いないと太鼓判を押して本日の美人さん紹介とさせていただきます。

50s.online編集部が考える“美人さん”とは『周りの人を元気にする大人の女性』。この新しい定義も広めたいと考えております。

「今日の美人さん」企画では、写真の掲載についてはご本人様からの了承を頂いております。画像・動画の無断使用は禁じられていますのでご注意ください。

Google News

Read full articles from 50s.online編集部 and explore endless to…