横浜にお住まいのヘイズ翔子さん62歳のパートナー様との馴れ初めとこれからの目標

2022年4月20日にご紹介させていただくのは、横浜にお住まいのヘイズ翔子さん62歳。

翔子さんの存在を初めて知ったのは、2021ミセス・グローバル・アース日本大会でパール部門(60代)でグランプリを受賞したという報道でした。

60代でこの若々しさを誇る翔子さんは、一体どんな人生を歩まれてきたのをぜひとも教えていただきたく、簡単なアンケートをお願いさせていただきました。


●経歴
九州出身。銀行員を経て26歳で国際結婚。
海外在住歴 30代より50代まで主に開発途上国支援プロジェクト(夫の仕事) で海外在住。

●幼少期のエピソード
小学生の時は合唱団に入ってよく大会に出ました。独唱でも県大会に出たりしましたね。音楽が大好きな小学生で、音大に入り将来はオペラ歌手になりたいと思ってました。

●パートナー様との馴れ初め
国際結婚ですが、日本人男性があまりにも相手にしてくれなくて…。
声を掛けてくれるのは外国の方ばかり…。

上智大学の学生だった夫とは、文化交流の場で知り合いました。タイプではなくて全く興味がなかったです。

分かっていたのは絶対に相手にはしないと言うくらい嫌いでした笑。

昔、101回目のプロポーズというドラマがありましたが、あのドラマのように諦めなかった武田鉄矢のように何でも言う事を聞いてくれて、誠意があって…。

いつの間にか気がつくと付き合っていました笑。

●海外でのエピソード
ODA政府間の開発援助のプロジェクトが夫のお仕事で、家族帯同で長い間(約20年くらい行ったり来たり)現在は帰国しています。

海外では文化交流など、大使館のお手伝いで外国に日本の文化を紹介するお手伝いなどしておりました。

●人生で最大のピンチ
電車のホームで知らない人に後ろから押されて轢かれそうになった事。

●嬉しかった事
還暦超えてコンテスト(ミセスグローバルアース)で日本大会でグランプリを頂いた事。

●これからの夢や目標
コンテストを通じて沢山の方と関わっていきたいと思います。それは美容に関わる事であったり内面の成長であったり、様々な形で成長して関わっていけたら嬉しいです。


翔子さん、お忙しい中ありがとうございました。

翔子さんが2021ミセス・グローバル・アース日本大会でグランプリを受賞した際の様子は、公式サイトをぜひご参照ください。

また、誠実そうなパートナー様とチャーミングな娘さんお二人、それに末っ子のトイプードルあんこちゃんのポストが微笑ましい翔子さんのSNSアカウントはこちらになります。

60代でもこの若々しさを誇る翔子さんの存在こそ、超高齢化社会を迎えるこの国の希望であると断言して本日の美人さん紹介とさせていただきます。

50s.online編集部が考える“美人さん”とは『周りの人を元気にする大人の女性』。この新しい定義も広めたいと考えております。

「今日の美人さん」企画では、写真の掲載についてはご本人様からの了承を頂いております。画像・動画の無断使用は禁じられていますのでご注意ください。

Google News

Read full articles from 50s.online編集部 and explore endless to…