たるみ&毛穴改善エステサロンを主宰する沖智子さん「肌も人生も諦めないで」

2021年12月28日の「今日の美人さん」は福岡市内でたるみ&毛穴改善エステサロン『Blue Rose』を主宰している沖 智子(おき ともこ)さんです。

30歳で第一子を出産。それから3年後5年後にも出産し、ワンオペ状態で育児に励みながら46歳でエステサロンを開業したとのことで、その人生の歩みをぜひともお聞きしたく智子さんにコンタクト。

仕事の合間を縫って書いていただいたのが、以下の文章になります。


●幼少期からの経歴は?

小学校までは福岡で過ごしました。

当時、田舎に住んでいて、男の子と自転車で駆け回ったり、おたまじゃくしをつかまえたりと、外で元気によく遊び、日焼けをしていた子どもでした。
   
中高時代も全盛期で日焼けをしまくっていましたね。中学から長崎へ移り、プロテスタントの女子校へ進学しました。明治12年にアメリカ人宣教師により設立された歴史ある学校で、「女性の自立」を謳って設立された学校でした。

まだ当時は、日本人女性はしいたげられたようなところもあった中、「女子の教育」「女性の自立」を唱えていて、毎朝、牧師さんの説教を聞く時間があり、「人のために愛をもって仕事しなさい」と聞かされて、学生生活を過ごしました。

今も仕事に対して「仕事をして、みんなを幸せにしたい」「みんなを笑顔にしたい」と考えているのは、この頃の教育の影響を大きく受けている気がします。

高校を卒業して、初めて某有名ブランドへお化粧品を買いに行った時に、「目鼻立ちは綺麗だけど、肌は残念ね」と言われてショックを受けたことを今でも覚えています。

その時に初めて、「肌が汚い」と自覚することになりました。その後、「肌が汚い」がコンプレックスになりました。学生時代は、ニキビにも悩まされましたし、シミも多かったことを気にしていました。
    
現在は、いつも頑張る女性が、サロンでゆっくりとした時間を過ごし、癒されて欲しい。日常のちょっとしたお手入れで綺麗になって笑顔になれるお役にたちたい。そんな思いで日々活動を続けています。

が、実は、いまだに自分自身は毛穴にコンプレックスがあります。若い頃に流行った毛穴ケアで間違ったお手入れをしたことにより、毛穴に大きくダメージを受けてしまいました。

現在、自身のエステサロンで毛穴ケアを取り入れているのは、そもそもは自分の悩みを「なんとか改善させたい」と思ったところからなんです。

サロンを開業した当初から、毛穴ケアの施術はしていましたが、当時行っていた吸引では黒ずみまでは取れず、何かいい方法はないか?と探し続けていたんです。

そんな時、アメリカでエステティシャンをしている日本人の方の著書でアメリカ人は定期的にエステでエクストラクションをしていることで毛穴の悩みがないというのを読んだのがエクストラクションとの出会いです。

そこで日本でも同じ技術を学べないかと検索したところ、神戸でこの技術を教えている先生がいることがわかりすぐに技術を習得。

その後、日本人のデリケートな肌に合う施術を開発し、自分自身だけではなくお客様にも大変喜ばれています。

毛穴エクストラクションは、この1年で急激に広まり出したとはいえ、まだまだ知らないエステティシャンも多い。

そして毛穴で悩んでいるお客様も多いので、自分でお客様に施術をするだけではなく、エステサロンオーナー様に技術指導をすることで、一人でも多くの人の「毛穴の悩み」にアプローチをして、笑顔を届けたいと思っています。

●3人の育児が、ほぼワンオペだった理由

主人は外科医で、当時は若手だったこともあり、朝5時30分に家を出て、帰宅は12時を超えるのが当たり前でした。まだ上司より早く医局に入り、上司が帰るまで帰れないという時代だったんです。

当直と呼び出しが多く、久々に家族で旅行に出かけ、宿についたところに呼び出しの電話が入り、そのまま 家族みんなで帰ったこともあります。

当時の私は、自分と子どもだけで楽しもう!とは考えることなく、夫と一緒に帰宅しました。夫の仕事柄「福岡から出れない」というのが当たり前でしたし、夫は仕事が忙しいので、自分が子どもの世話をするっていうのが当たり前でした。

●これからの夢や目標

「笑顔が増え、毎日を楽しいと思ってもらえるきっかけづくり」を今後も続けたいと考えています。そして、笑顔の波紋が広がって、幸せな人がたくさん増えて欲しいと考えています。

毛穴で悩む方は女性だけではありません。今後は女性だけでなく、男性も綺麗になれる2号店をオープンさせ、毛穴で悩む人の笑顔を見たいと思っています。

また、もちろんサロンでのお手入れも大切ですが、自宅でのセルフケアもとても大切。忙しい女性だからこそ、手間をかけずに効果を感じられるオリジナル化粧品開発は今後も力を入れたいと思っています。

現在、とてもご好評いただいているので、より多くの方に届けられるようにがんばりたいですね。
      
そして、少し先の目標になりますが、今までの施術やオリジナル化粧品の販売を通じてだけではなく、仕事が見つかりにくい50代以上の方への雇用の創出などにより、自分で自由になるお金で好きなものを買ったり、日々のやりがいを感じてもらえるきっかけづくりをしたい。

また、さらに大きな夢は、アジアの貧しい地域の女の子に、エステの技術を教えるなど、教育の場をつくりたい…など、笑顔を増やす活動をしていきたいです。

●これだけは言いたい!

\\諦めないで//

肌も・人生も、諦めている人が多いようにも思うので、「 諦めないで!」と伝えたいです。

「一生この肌でいかないと…」と、思ってる人が多いですが、専門店できちんとプロの施術を受ければ、何歳からでも変われます! 

ケアの方法が違ってる人もいるので、正しい情報を受け取って欲しいと思い、インスタグラムなどSNSの発信をしています。

ここでもお伝えすると、確実に毛穴のゴミ掃除をすることが大切ですが、前処理をすることなく、いきなりニキビを手でぐっとやるのはNGです。

跡になるので絶対にオススメできません。クレンジングと洗顔を丁寧にすることが大切なので、ぜひ意識してください。

もし、鏡を見てがっかりする自分がいるならば、「綺麗になりたい」と思っている自分がいるということ。体もお肌も素直です!手をかけると、きちんと答えてくれる。だから諦めないで。

そして、それは人生も同じ。50代は、まだ人生の半分。折り返ししたところです。「もう歳だから」って諦めてしまう人もいますが、死ぬ前にやらずにいたことを後悔するのはもったいない!

「家庭」とか「子ども」に縛られることなく、『自分の人生を生きることができる!』ってことを伝えたいですし、他人の人生ではなく、自分の人生を楽しんで欲しいですね。


智子さん、お忙しい中ありがとうございました。今回は頂いた文章ををそのまま掲載させていただきましたが、実際の智子さんはその語り口同様、丁寧かつ分かりやすい言葉を紡ぐ方。

ご自身の経験はもちろんのこと、保護猫活動やエステサロンの生き残り方法など、ハッと目が覚めるような言葉をSNSで残しておりますで、ぜひとも智子さんのSNSにご注目ください。

智子さんが主宰するたるみ&毛穴改善サロン『Blue Rose』の公式サイトはこちらになります。

たるみ&毛穴改善サロン Blue Rose  

年齢とともに増えるお顔のたるみに関するお悩み、そして10代、20代の方も多い毛穴の悩み。このお悩みに特化したサロンで…

じっくりと智子さんの言葉に耳を傾けたい方には、智子さんのアメーバブログがお薦めです。

毛穴エクストラクション&たるみ改善サロンおきともさんのブログです。最近の記事は「「月花水」名前に込めた思い 亡き心優しき…

当編集部では、これからも智子さんの動向に注目し続けることを宣言し、本日の美人さん紹介とさせていただきます&ありがとうございました。

Linktree

Linktree. Make your link do more.…

当編集部が考える“美人さん”とは『周りの人を元気にする大人の女性』。この新しい定義も広めたいと考えております。

「今日の美人さん」企画では、写真の掲載についてはご本人様からの了承を頂いております。画像・動画の無断使用は禁じられていますのでご注意ください。