女神創造塾®主宰の宍戸瑛奈さん「女性が笑顔でいることで社会へ世界へ幸せの波紋が広がっていく」

2022年3月16日にご紹介させていただくのは東京都内で女神創造塾®を主宰されているマダムアッキーナこと、宍戸瑛奈(ししど あきな)さんです。

女神創造塾®は、外見とマインドの両方から女性の魅力を開花させる個人セッションですが、その究極の目標は世界平和とのこと。

その考えに至るまでの瑛奈さんの人生の歩みをぜひ教えていただきたく、手記をお願いいたしました。

宍戸瑛奈 私の経歴とこれからの目標

身体を動かすのが大好きな子供でした。小学生の頃はクラッシックバレエ。

中学に入ってからは、6年間陸上競技部に所属。

高校時代に英国に短期留学しホームステイしたのも楽しかったので、大学は英米文学科に行きました。

就職は、運輸会社に2年間勤務後、結婚、出産。

出産後は、区の施設見学のバスガイドのパートを3年間しました。マニュアルはなく、自分で施設や名所を調べて自分のオリジナルで案内するのが面白い体験でした。渋滞中に話す落語も2つくらい覚えました。

下の子が幼稚園に上がるタイミングで、ホストファミリーボランティアを始めました。

家族を巻き込んでの年間受け入れのボランティアホストファミリーやリエゾンパーソン(ホストファミリー、高校、留学生の相談やサポート役)を6年間に渡りさせていただいた事は、本当に楽しい思い出です。

オーストラリア、インドネシア、マレーシア、ドイツなど延べ8人の海外高校留学生のママになり、交流は彼らが大人になった今も続いています。

日本のママとして結婚式に招かれたり、子どもを連れて日本に遊びに来てくれたり、その子どもが彼女を連れて遊びに来たり、世代を渡っての交流が宝物になっています。

35歳を迎えた頃、当時流行り始めていたパーソナルカラーが気になり、勉強を始め資格を取得しました。

訪販のスキンケア製品やメイク製品などを、パーソナルカラーアドバイスをしながら12年間ビューティーカウンセラーとして活動。

得た収入は、美と健康の学びに投資し、クライアントさまへのよりプロフェッショナルなサービスを提供してきました。

38歳から夫婦で自然栽培農園経営をスタート。

自ら育てるハーブや花、果実の活用としてアロマテラピーから学び始め、

アロマセラピスト
オーストラリアにてリフレクソロジー
ミスパリエステティックスクールにて
認定エステティシャン資格
マクロビオティック、ベジタリアン
グルテンフリー、ロースイーツ

などを学び、自宅サロンにて、フェイシャル、ボディトリートメントなどの施術、料理教室などを開催し、女性が美しく健康であることが自分自身も周りの人も幸せにする!
というモットーを大切に活動してきました。

55歳になったのを機に、活動の見直し。

並行して学んでいた、心を扱うことにシフト。物や材料がいらなくて、自分が身一つでどこにでも行けるお仕事がいいな!と思ったから。

外面は内面の一番外側と捉え、内面を輝かせる、考え方を変える、運を開いていくことなどをレクチャーしたりアドバイスすることで、その方の見た目もオーラも輝かせることができる。

ツールは、統計学である誕生数秘学を主に使いますが、東洋占術、コミュニケーション術もミックスしてその方の誕生日からのメッセージを読み解きます。

でもそれは、お話しのきっかけのようなもので、お話ししているうちにその方が持っているダイヤのように輝く魅力が見えてくるので、それをお伝えしながらセッションをしていきます。

内面を輝かせるお手伝いを仕事にし始めた矢先、ミセスコンテストのナショナルディレクターの方と偶然お会いし、全く未知の世界でしたが、ただ、面白そう!というだけで、ミセスコンテストに出場することにしました。

13センチもあるヒールもウォーキングも初めてで、一緒にレッスンに参加してる女性たちは、皆んなキラキラしているし、全然歩けなくて筋肉痛になっている私は、アウェー感ハンパなく、とんでもないところに来てしまった!(汗)と思いました。

でも月一のステキな女性たちとの学びやレッスンが楽しくて、回を重ねるたびに、これまで自分自身が学んできた全てがコンテストに出場することで色々活かせることがわかり、「出来ないことは、伸び代だわ!」とスイッチが入り、準備がより楽しくなりました。

ありがたいことに、カメラの前に仁王立ちでポーズも何も取れなかった私が、素晴らしいレッスンのおかげと自分自身の経験とスキルを融合させて、コンテスト日本大会で日本代表に選出され、自分でもビックリしました。

そしてマレーシアで開催される世界大会に出場することになり、その世界大会Mrs. International Global 2018にて、準優勝・三冠受賞することができました。

準優勝できたことも驚きでしたが、世界大会の1週間のビューティーキャンプは、睡眠時間が3時間程で結構大変ではありましたが、何もかもが楽しくで、楽しんでいたら受賞していた。。。そんな感じでした。

準備には、ベストを尽くしました。英会話のレッスンも週5で朝7時から90分4ヶ月間とか、タレントショーの為にボイトレに通ったり、衣装も妥協せず準備しました。

現在は、その経験を活かし、ミセスコンテストのチーフディレクターとして大会運営のお手伝いと、公式レッスンのマインド担当講師をさせていただいています。

●これまでの人生の中で最大のピンチ

ピンチは色々ありましたが、スキューバダイビングをしていて、波にさらわれて、危なかったとか(笑)漁船に助けてもらって命拾いしました。

それから今、思い浮かんだのは、これ↓

私は子供の頃からアトピーがあったのですが、大人になって花粉症に変わり、その体質改善の為にマクロビオティックを学び、4年間くらい実践していたのですが、その当初に畑仕事をしていたら、(もちろん日焼け止めして)日光アレルギーが出て、顔と首が赤く腫れてブツブツが!

触るのも痛くて、顔も洗えず、1週間位肌断食をしていたら、皮膚がポロポロ剥け始めて、中から綺麗な肌が出てきて再生されたんです。脱皮したのでしょうか? 化粧品を販売していたのでどうしようかと思いました(笑)。

●これからの夢や目標

自分を大切にするっていうと、わがままって思って遠慮してしまう女性がまだまだ多い気がします。

自分を大切にして自分自身をご機嫌にし、笑顔でいることで、周りの人たちも幸せになり、パートナーや子供たち、友人も幸せになり、それが社会へ世界へ幸せの波紋が広がっていく。笑顔を向けられた人は、「自分は愛されている」って感じて幸せな気持ちになるからです。

それって世界平和に繋がるでしょう。だから、自己愛は、自分の存在価値をハートの根底から認め、自分を愛することが、世の中を幸せにする最も確実でハートフルな方法だと信じているので、私のセッションでご自身の魅力を花開かせ、自分を大好きになって、自分軸をもった女性(女神)になってほしいのです。

そのための女神創造塾®を広めていきたいです。

●同世代に対してのメッセージ

今の時代は、昔と違って実年齢ってあまり関係ないと思うので、心の持ち方、考え方、日頃話してる言葉を意識して、何でも当たり前じゃないという感謝の気持ちを大切にしましょう。それが結局見た目を左右します。

ネットで見つけた、(詩のタイトル)
『結局人は見た目』
性格は顔に出る
生活は体型に出る
本音は仕草に出る
美意識は爪に出る
清潔感は髪に出る
気配りは食べ方に出る
芯の強さは声に出る
ストレスは肌に出る
落ち着きのなさは足に出る
人間性は弱者への態度に出る

これを自分に照らし合わせて今日はどうかな?ってチェックすると身体も心も健やかで笑顔でいられそうに思います。いかがでしょう~。

お読みいただきありがとうございました!

自分開花プロデューサー
女神創造塾®主宰
宍戸瑛奈


瑛奈さん、お忙しい中ありがとうございました。

瑛奈さんが言うところの「女性が笑顔でいることで、周りの人たちも幸せになり、パートナーや子供たち、友人も幸せになり、それが社会へ世界へ幸せの波紋が広がっていく」という考え方に深く同意するとともに、この世界情勢ゆえに平和への願いを強くする当編集部です。

そして瑛奈さんのような素敵な大人の女性がもっと増えるように、瑛奈さんの活動を微力ながらも応援することを誓い本日の美人さん紹介とさせていただきます。

瑛奈さんにつきましては、公式サイトでもご自身の経歴と考え方を詳しく語られておりますので、ぜひご参照ください。

また、SNSでも考えさせられる言葉をたくさん残されていますので、こちらも併せてご参照ください。

こちらは、瑛奈さんがチーフディレクターをされているMrs Japan International Globalの公式サイトになります。

2022年3月25日(金)、横浜アートグレイスポートサイドヴィラにて本大会が開催されます。

M J I G - ミセス・ジャパン・インターナショナル・グローバル

HOME Mrs. Japan International Global 2022 Mrs. Japan In- M J…

50s.online編集部が考える“美人さん”とは『周りの人を元気にする大人の女性』。この新しい定義も広めたいと考えております。

「今日の美人さん」企画では、写真の掲載についてはご本人様からの了承を頂いております。画像・動画の無断使用は禁じられていますのでご注意ください。

Google News

Read full articles from 50s.online編集部 and explore endless to…