58歳で単身渡仏した村山里美さんの “終わりの人生の始め方” に学ぶ

2021年12月9日の美人さんは還暦を前にして、昨年にフランスに単身移住した村山里美さんです。里美さんの簡単な経歴ですが、24歳で結婚されて25歳で娘さんを、32歳で息子さんを出産。

15年間、ガーディニングとパン作りが趣味の専業主婦として過ごされてきましたが、40歳の時に離婚。

その後、Web制作を独学して起業し、会社も設立。そして昨年、フランスに単身移住したとのことで、その波乱万丈な道のりを選択した里美さんの考えを知りたく、コンタクトさせていただきました。


●経歴をお聞かせください。

昭和37年6月6日、静岡県沼津市に未熟児逆子で誕生。

5歳上の兄が死産、1歳下の姉妹?兄弟?が流産という両親の元、一人っ子として過保護に育てられる。

その後、夫と別居して40歳で実家に一時戻るが、19時に実家を出かける際、「こんな夜中にどこに出かける」と泣く程の母親であり、私が19歳で他界した父親からは1度たりとも怒られた記憶がない。

バブル期真っ只中の女子大生ブームの中の女子大生時代を過ごし、大学卒業、就職、24歳で結婚。

正直、過保護すぎる母親から離れて自由になる機会が結婚でした。「子供大好き」な家系は私にも引き継がれる。それが2020年の渡仏にもつながる。

●子育て中のエピソードは?

昭和の寿退社からガーディニングとパン作りが趣味の専業主婦へ。

何事も切り替えが早い!「現状を楽しむ能力」は高い。

子供たちのお宮参りのケープは二人とも自作。自分の(山のようにあった)洋服からリメイクして娘の洋服を作るなど家事と子育ての毎日を楽しむ。振り返ると人生で一番楽しい時期。
25歳で長女出産。それまでダイエットで体型を維持していたので「人生1度の食べ放題」とつわりがなかったこともあり、食べて食べて見事に16kg体重増加。

娘が3歳になっても体重が戻らず、ついにはウエスト85cm。「30歳までに戻さなければこのまま一生おばさん体型」の恐怖にかられ、ダイエット開始!この年から今まで「ダイエット歴30年」。

普通サイズコーナーの特大サイズから7号サイズまでダイエット(ウエスト60cm)。32歳で息子出産時も「人生2度目の食べ放題」で16kg体重増加するも3ヶ月で8割戻る。

その後、51歳でミセス日本グランプリに出場することとなり、50代から独自のメゾットでウエスト55cmまで絞る。現在も56cmをキープ。

●離婚の際のパートナーさんの反応とお子様たちのご様子は?

21世記もこのままでは死ねない!2000年(20世紀最後の年)に別居、1年をかけて協議離婚成立。

「社会人経験1年、専業主婦の妻(私)が生活できるわけがない!」

その予測は見事に外れ、パソコン講師からWebデザインと起業したことで夫が離婚を認める。
当時、高額だったパソコンを買ってもらい、独学で学べたことは今でも感謝。元夫は自らの資金が離婚に直結したことを未だ、気づいていない。

離婚したとは言え、非常に仲良しな家族生活は続く。これは周囲から理解されないのですが…

離婚後もお正月は家族四人で毎年一緒。会食、旅行と離婚していない家族より仲良し。起業して「社会」を知ることで元夫を深く理解し、尊敬できる。

回転寿司、ファミレス、コンビニのお弁当を食べることが嫌いだった父親から離れて自由に食事ができることは楽しかった。

もんじゃ焼きを三人で食べに行った時、いつも元夫が作って取り分けることに慣れすぎ、作り方がわからずに笑った。

●単身渡仏を決意した最大の要因は?その際の周囲の反応は?

幼少期からフランスの歴史、文学が好きで留学を希望したが叶わず(親が過保護すぎて)。
両親を見送り、静岡から東京に居住し、子供たちが社会人になったら母を卒業し「自分を生きる」、息子が3年間仕事を継続したら渡仏しようと決意。

2020年、仰天のパンデミックに襲われフランスはロックダウンで入国禁止。それまで毎年、数度パリへ渡航していたことが最も簡単に閉ざされた。

1度目のロックダウンが終わり、やっと海外からの受け入れが可能になった瞬間、チケットを予約、アパートを決め、渡仏。

「いつでも、いつか」は急転直下で失われ、世の中には「真逆」が必ず存在することを実感する。

ここ数年、毎年一緒にパリに行っていた娘は「いいなぁ?パリ」。「とりあえず、私の同僚が里美ちゃんのSNSをチェックしているからその人をブロックしておいてね」と。

この時期の渡航は、非国民扱い。

何の関わりのないSNSの方々からの誹謗中傷はその翌年、学生VISAを取得して再渡仏まで続く。

今、渡仏できる、今、パリに行ける。その後、日本帰国が困難になっても「パリに行けない」辛さに比べたら比較にならない。

それくらいパリに居る時間は私にとって自分を取り戻す時間になっていた。

子供たちが大学生の頃は別々に暮らしていたが、(娘が大学の時、私と息子は静岡で、息子が大学生の頃は私と娘は都内)。

息子が就職し、都内での3人暮らしは楽しかった。子供たちのための家事はこの上なく至福。楽しすぎて子供たちと離れ難い感情が膨らむ。

40年待った自分の時間、それ以上に「子離れ」の準備体操のために渡仏したとも言える。

●ブログで書かれていた【息子を捨てる】とは?

離婚当時、小学生低学年だった息子が少年野球を始める。

野球部員の母親はそれはそれは大変で、本来、私の性格では到底、務まるものではないが、離婚していなかったら少年野球に入団させることは決してなかった。

息子の夢は「甲子園に行きたい」

その夢を叶えるべく、逆算で計画。

公立の中学野球部ではなく、シニアチームに入団を提案する。

息子は途中で友達と別れ難く、中学の部活を選択しそうになるが娘が説得(説得代を支払う)し、甲子園出場経験のある高校出身の監督がいるシニアチームに入団。その高校には野球部の寮がある。

「SOHO」などと言われた時代、起業したとは言え、ありがたいことにWeb制作は自宅の一室でできる。

仕事、家事、平日は野球と塾の送り迎え、日祭日は早朝から野球と休む暇なく働く。

それは苦にはならないが、娘は大学生、学費を捻出するために息子にかかっていた時間を仕事に回したい。

離婚時、15歳だった娘は愚痴も言わず、未だに支えてくれる。娘が赤ちゃんだったころ「この子がいなかったら自由になるのに」と思ったことを心の底から反省。

可愛がりすぎた息子(実際、赤ちゃんモデルのように可愛かった)のせいで、寂しい思いをさせた娘の学費のために私はさらに稼ぐ。

そのために野球部の寮がある高校へ。

息子が抱く甲子園出場の小さな望みもあるが、自分が仕事に集中できる環境を作るためでもあった。

高校の入学式が終わり、寮に息子を送り出し、自宅に戻る電車の中で思いが巡る。

「これが最良の選択だっただろうか?」

自宅最寄り駅の改札を抜けた瞬間にピークに達し、涙が溢れて止まらない。

「私は息子を捨てた」

●これからの夢や目標をお聞かせください。

来年、還暦!寅年万歳!!!

現在の仕事を整理して、パリでソロバンの先生になる。

日本の文化や佇まいを好むフランス人はとても多く、華道、茶道、書道など古来の文化は非常に人気だが携わる人も多い。

少数ではありますが「ソロバン教室」が存在します。フランス語で「ご破算で願いましては」を言いたい。

●これだけはいいたい!をお願いします。

人生は計画通りにはいかないが思い通りにはなる。
思い通りに生きるために子育てもビジネスも人生も逆算思考。
今居る場所が、0(ゼロ)地点、1日1cm進めば1ヶ月で30cm前進!!


里美さん、お忙しい中ありがとうございました。フランス在住のため、メールでご返答いただきましたが、その独特の文体が里美さんの性格を現しているかのように感じ、原文をそのまま掲載させていただきました。

親の見送り後、そして子どもたちの自立後、一人の人間としてどう生きるかは50代世代にとっては身に迫る話です。

里美さんの生き方をどう感じてどう捉えるのか?これこそが自分の人生を考えるということでもあり、その機会を設けてくれた里美さんに心から感謝です。

そして、里美さんの人生の冒険は続きます。ありがたいことにそれを見せていただけるのが、こちらの里美さんの公式ブログ。

村山里美『アラカンDEパリ』|パリ在住。58歳から単身パリへ~終わりの人生の始め方~

note(ノート)

パリ在住、ソルボンヌ大学在籍中。40歳でシングルマザー、42歳で起業、52歳で法人化。2020年58歳で単身渡仏。 海外…

里美さんの“終わりの人生の始め方”を参考にされたい方はぜひフォローしてみてください。

そして当編集部ではこれからも里美さんの動向に注目し続けることを宣言し、本日の美人さん紹介とさせていただきます&ありがとうございました。


「今日の美人さん」企画では、写真の掲載についてはご本人様からの了承を頂いております。画像・動画の無断使用は禁じられていますのでご注意ください。