渡辺真子さんが(元高校教師)がピラティスインストラクターへ、ベストボディジャパン2021 50代クラス日本トップ10になるまでの軌跡

2022年10月12日にご紹介させていただくのは、今年4月に京都市内にご自身が主宰するピラティススタジオ「M’agelessbody studio」をオープンさせたインストラクターの渡辺真子さんです。

真子さんは元々は高等学校の家庭科の先生ですが、ピラティスに出会ったことでベストボディジャパン出場に至り、昨年の大会ではクイーンクラス(50代)で日本トップ10に選ばれた方。

同じ50代の真子さんの人生に一体何が起きたのか? ぜひその半生を教えていただきたく、手記を書いていただきましたので、ぜひご一読ください。

ピラティスインストラクター 渡辺真子

●経歴
 
昭和44年(1969)3月16日 福井県小浜市にて生まれる。

小学校から中学校まで小さくてずっとクラスで一番背が低く幼児体型。親は何かの病気ではないかとかなり心配していたようです。

小さいけれど元気で短距離走は常にトップでした。高等学校に入ると急激に身長が伸び始め、卒業の頃にはクラスの最後尾、周りを驚かせました。

高校では理数科に進学したのですが、将来の夢はお嫁さん。

先生方に説得され、高校3年生から自学自習で(塾がない田舎だったので)現役で国立広島大学教育学部へ。

当時の夢のお嫁さんに近いという理由で、家政教育学を専攻しました。

大学4回生の当時はバブル時代。華やかな世界に目が行き、百貨店に就職しましたが2年で退職。

その後、尼崎市の私立女子中高一貫校に勤めました。泣いたり笑ったり怒ったりの本当に多忙な生活でしたが、当時担任した25年以上前のクラスの生徒たちとは今でも連絡をとりあったり、食事をしたりしています。

結婚後、まもなく夫が突然の脱サラ宣言。第一子が1歳になる誕生日に会社を立ち上げました。

その後は一蓮托生で子育て、第二子の妊娠出産、家族の事故等いろいろな困難がありましたが、なんとか乗り越えてきました。

会社もだんだんと落ち着き、15年後、ようやく非常勤講師としてですが、本来の自分の仕事にも復帰することができました。

そして…現在の仕事は、なんと教員ではなく、ピラティスインストラクター(なぜそうなったかは、人生の最大のピンチから)。

今年の4月、晴れて念願のピラティススタジオ「M’agelessbody studio」をオープンさせていただきました。

インスタグラムアカウント @m_ageless_pilates

ホームページ https://ms-body.jp

●人生最大のピンチ

おそらく普通よりはかなり山谷の険しい人生だったと振り返っています…

その中でも私の最大のピンチは、5年前のある日突然やってきた「パニック障害」という病気です。

自分では全くコントロールできない不安、焦躁感、動悸、呼吸困難、筋肉硬直。

泣きながら救急車で運ばれることも何度もありました。恐怖で家から出られず、仕事はおろか、卵ひとつも買いに行けない日々。

痛みやしんどさは耐えられますが、自分で自分の脳を制御できない辛さは筆舌に尽くし難いものでした。

そんな真っ暗闇の中、私の唯一の希望の光が、当時習っていたピラティスでした。

ピラティスで自身の心身と向き合う時間が終わると、頭から足先まですっと楽になる感覚がありました。毎日不安や発作があらわれそうな時には自宅でもピラティスをしていました。

それから一年後、気づけば心身ともに整った自分がいました。

当時ご指導いただいていたピラティスの先生に、ベストボディジャパンという大会に出てみない?と声をかけられました。

奇しくもその地方大会の日が、パニックの大発作を起こしたちょうど一年前の同日。何かがつながっている気がして、出場を決めました。

その後、毎年大会に出場をし続け、昨年は50代クラスで日本トップ10に。

そして今年の日本大会が来月に迫っています。大会に出場することで、たくさんの出会いや気づきがあり、生きる元気と勇気をいただいております。

また、ピラティスではPHI Pilates Japanに所属するインストラクターとして、日々勉強を重ねることが喜びとなっています。身体を美からも機能からも追求していく学びに終わりはなさそうです。

●これからの夢&目標

人生最大のピンチで、人生観も、自分の人生も予想だにしない方向に変わりました。

家族のため、仕事のためと後回しにしてきた自分の心身と向き合う時間をつくっていただきたい。

自分で気づかないうちに疲弊していることもあるのです。身体が整えば、心も元気に。

そして女性ですもの、いつまでも美しく、エイジレスに生きていただきたい。

そんな私の人生の経験や想いがいっぱい詰まったスタジオで、一人でも多くの女性に寄り添っていくことが私の夢であり、目標です。

そして願わくば、人生の最期までピラティスインストラクターであり続けたいと思っています。


真子さん、お忙しい中ありがとうございました。

真子さんが4月にオープンさせたピラティススタジオ「M’agelessbody studio」を改めてご紹介させていただきます。

「現在53歳、インストラクターとしてはかなりの高齢。でもM’に来てくださる皆様と同じような経験をしてきた今だからこそ、年齢ならではの心身のお悩みに寄り添うことができると思っています」

とのことですので、近隣にお住まいの方はぜひご注目ください。

※画像をタップするとジャンプします。

真子さんはご自身のSNSアカウントでピラティスのことはもちろんこと、普段の生活についても飾らない言葉でその想いを綴っていますので、こちらも要チェックです。

真子さんが出場する「BEST BODY JAPAN 2022 日本大会 ~創立10周年記念大会」は11月23日(水・祝)に、東京・両国国技館で開催されます。

その舞台に立つ真子さんの晴れやかな姿を期待しながら本日の美人さん紹介とさせていただきます。

lit.link(リットリンク)

40代からのピラティススタジオ、エイジレスに生きるを叶えませんか?ピラティスが初めての方お待ちしています♡、SNS、Y…

50s.online編集部が考える“美人さん”とは『周りの人を元気にする大人の女性』。この新しい定義も広めたいと考えております。

「今日の美人さん」企画では、写真の掲載についてはご本人様からの了承を頂いております。画像・動画の無断使用は禁じられていますのでご注意ください。

Google News

Read full articles from 50s.online編集部 and explore endless to…