コロナ離婚を回避する秘訣は奥さんを立てること。それから清潔感。

家族

新型コロナウイルス感染拡大の影響で「コロナ離婚」なる言葉が生まれたとのこと。旦那がテレワークになり、ずっと家の中にいることで夫婦の間でトラブルが増えたとか。

世界中を襲うこの未知のウイルスは、普段は隠れている夫婦の闇をあぶり出してしまうようで、何とも罪深い存在のようです。

確かに、普段から家事をやらない夫がずっと家にいたら、そりゃ邪魔な存在なだけ。

しかも手伝おうとしても、奥さんのやり方があるから逆にイライラさせてしまうということで、こういう時こそじっとしているのが肝要だとご同輩にアドバイスです。

家の中では、何事も奥さんの指示通りに動く。分からない時は怒らせないようにそっと尋ねる。ごはんの文句は絶対に言ってはいけないetc.

奥さんを最大限に立てることが夫婦の仲を取り持つ秘訣なんじゃないかと、自らの経験と友人たちの家庭を見ての感想です。

誰のおかげで生活できていると思うんだ!?

こんな発想はもう昭和で終わり。平成、令和と時代は変わり、こんな言葉を発したら家族はもちろん、世の中からも総スカンを食らうこと間違いなし。心して生きてまいりましょうぞ、ご同輩の方々。

そして、今思い出したのが、清潔感に対する男女の感覚の違い。いろいろな職業を見聞してきたので言えるのですが、総じて男性は清潔感に疎いところがあります。

このくらい洗っとけば大丈夫、いやいや絶対に感染しない。一体、その自信は何処から来るのと、驚くほど自身の清潔感に無頓着な男性が多いことか。

それに比べると、やはり女性は非常に細やかな配慮をするもので、そんなにシャワー浴びなくても大丈夫だよと言っても、何度もシャワーに行く淑女たちで、愛しい限り。

しかも、年を重ねた分だけ自身の清潔感に敏感になっていくという傾向があり、もはや小娘には全く反応しない、同世代の女性大好きおじさんの妄想メラメラ。

そんな細やか配慮を見せる女性に対して、加齢臭を漂わせて嫌な気分にさせてはいかんと、男性陣も自身の清潔感にもっと敏感になるべきです。

まずは、しっかり手を荒い、うがいもちゃんとしてこそ、奥さんから認められると書いて、また明日。

文:レオンK

↓ポチッと応援してもらえると励みになります↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

コメント