女性の4人に1人が70歳以上。3年後、人口の半分が50歳を超しそうな国だから

女性の4人に1人が70歳以上。3年後、人口の半分が50歳を超しそうな国だから」。夕刊の「素粒子」に載っていたコラムに目が釘付けになった9月23日の朝日新聞。

このデータを信じるなら、街中を歩く女性の大半は50歳以上ということになり、まさにこれこそ高齢化社会であり僕にとってのパラダイス。

そして、こうしたジジババだらけの世の中になると、一体どういった現象が起きるのか?

予想するに2つに流れがあるんじゃないかと無い頭を絞って考えてみました。

1つは、若い女性の希少価値が更に高まるということ。この国の男性は若い女性を好む性癖を持つ人が多いらしく、その動きに拍車がかかるんじゃないとの懸念です。

2つ目は成熟した女性の魅力に気付く男性が多くなるということ。残念ながら若い女性に相手にされない男性は、おのずとボリュームゾーンである熟した女性層に近づくしかなく、結果的に熟女の魅力に開眼するというパターン。

この見立てに憤慨する方も多いかと思いますが、結果的に熟した女性も素敵だという発見が大切だと思うので、結果オーライということで大目に見てもらえると嬉しい限りです。

そして若い女性にはない品性と重ねた年齢ならではの美しさがあるということを強調したくて始めたのが当ブログの「今日の美人さん」企画。

まだお二人しか紹介していませんが、広報の仕方を変えてみたのでこれからはもっと多くの女性を紹介できるかと。

この企画ですが、本来だとSNSの中で完結できるはずなんです。でもインスタグラムの最大の欠点である拡散性の低さ、これがネックになっていて知名度の低い人の美しい写真や動画が多くの人の目に触れられないままSNSの闇の中に消えていってしまうのが実にもったいなあと。

ということで、明日から心機一転、40歳以上の「今日の美人さん」を再開してまいりますので、どうかよろしくお願いいたします。

●今日の花言葉:薔薇(ベージュ)「成熟した愛」

ランキングに参加しています&1クリックして頂けると喜びます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 50代の恋愛へ
にほんブログ村