50代のセックス。久しぶりなので濡れないかも痛いかもという不安。

唐突ですが50代のセックスの現場について書いてみたいと思います。50代女性、特に長くレスだった人が久しぶりに男性に抱かれる時の心境はおそらく2つあるんじゃないかと。

一つは猛烈に恥ずかしいという気持ち。しかも加齢と重力によって身体の隅々が下に落ちてきていて、それを人に見られるのが恥ずかしいという感じでしょうか。

でもそれは男性も同じことで、どんなに気を付けていても横っ腹のだぶついたお肉は全く取れず、みっともないことこの上なし。

なので条件は五分と五分ということで、女心を大切にするなら最後の最後まで真っ裸になるのは止めて愛撫しましょうというご提案&50代のセックスにはバスローブが必需品と書いておきます。

そしてもう一つの心境は久しぶりのセックスなので痛みへの恐怖と、濡れないかもしれないという不安だと思っていました。

でもそんな気持ちを解消するのが男の役割というもので、ゆったりまったりの愛情あふれる前戯をしっかり行えば、そんなことは起こりませんと断言です。

経験則でいうと、レス歴が長い女性とセックスする場合には、男性は自分の射精を目的にしちゃダメだと思うのです。

もう、ひたすら相手が気持ちよくなることだけを念頭に置いて、まったりワサワサ、ピチャピチャペロ~ンの愛撫が大事で、射精は二の次三の次。

どうしてもいきたければ自分の手でいきなさない果てなさいという達観が必要です。

そして、そうこうしているうちに女性は濡れてくるもの。いまだかつて愛撫して濡れなかった女性は皆無だというのが数少ない自慢の一つです。

しかし、なぜ急にこんなエッチなことを書いているかというと、この週末、自問自答してみたのです。

一体、これから何をしたいのか?何を目指しているのか?ということ。すると、頭の中に浮かんでくるのは50代女性の顔と身体しかなかったのです!

自分には女性を追いかけるしか能がないんだ…。そう開き直ったら目の前が明るくなったものです。

そして需要がある限り、同世代の女性を癒していこうと。ということで、コロナが収まった暁には、アロマオイルマッサージの再開をします宣言でトロトロにしちゃうぞと。

●今日の花言葉 カトレア「成熟した大人の魅力」

ランキングに参加しています&1クリックして頂けると喜びます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 50代の恋愛へ
にほんブログ村