高木美保58歳に見とれながら信頼と安心を考える8月13日は盆の入り。

  • 2020年8月13日
  • 2020年8月13日
  • 生活

盆入りの8月13日、久しぶりにテレビ朝日「モーニングショー」を見ました。取り上げるテーマは案の定、新コロナ。でもそれ以上にコメンテーターの高木美保さんに釘付けになり、やはり五十路女性は美しい。

テレビを見ながらSNSもチェックしていると、彼女とテレ朝社員の玉川徹氏を批判するコメントが多く流れていて、世の中の皆さん、時間が有り余っているんだなあと。

批判と難癖と愚痴で不安と恐怖を煽っているだけ、そんな批評もタイムラインに流れていました。

そして未来に繋がる展望と有益な提言をしてみろ!という強い言葉もありましたが、それが簡単に出来たらこんなに閉塞感に苛まれることもなく、まずは冷静にとスマホに語りかけです。

結局、先の見えない時代になってしまったからこそ、安心感を求める人が多いんだと思います。

僕らを不安にさせている相手は、今だかつて人類が経験していない未知のウイルス。そう簡単にやっつける手段も方法も見つからないというのはみんな心の中では分かっているはず。

でもそれとは別に目の前の実生活で制限されることが次々と起きてくるとイライラが募るというのも事実で、しかもその終わりが見えないというのが更に不安を大きくさせるという負の連鎖。

こんな時こそ、信頼できる誰かに安心させてもらいたいんですよ、普通の人は。

このやっかいな問題はすぐには解決できない、だけど一生懸命に貴女を守るよという言葉と真摯な姿勢が必要とされているんじゃないかと思うわけです。

その信頼できる人とは誰か? それは本当に人それぞれでしょうけど、願わくば、一時でもいいから安心を提供できる人間でありたいものだとつぶやくお盆の入りです。

ランキングに参加しています&1クリックして頂けると喜びます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 50代の恋愛へ
にほんブログ村

50s.onlineのツイッターはこちらから