やはり50代でも恋心が必要だと感じる2020年夏のコロナ禍

  • 2020年8月11日
  • 2020年8月11日
  • 恋愛

暑さと普段の寝不足も重なり、書く気力を失いかけていた先週末、こちらの状況を案じるメールをいただきました。

出会ってからもうかれこれ6年になるでしょうか。今となっては盆と正月の挨拶メール程度のおつきあいですが、このブログやnoteの拙文を読んでいただいており、まずは感謝です。

そして途切れたnoteのコラムを心配してのメール。受信したのは8月8日の22時16分。アルコールが回ってほぼ寝落ち寸前のところで確認したのですが、その時に感じたほっこり感も加わり久しぶりに熟睡できました。

そして翌日、改めてその文面を目にして今度はニタニタとよからぬ妄想です。いや、思い出していたという方が正解かもしれません。

6年前、初めて横浜で出会った時の事。無駄に記憶力がいいのでどんな会話をしたのかもちゃんと覚えています。

そして品のある方だったので久しぶりに女性の前で緊張したことも鮮明に頭の中に残っています。

人は過去を美化しがちだと言われてますが、それを差し引いてもやはり美しい思い出として僕の中で息づいているようです。

そんな出会いから別れ際までの一場面一場面を思い出していると、このところ鳴りを潜めていた “男” の性根がムクムクと起き上がってきて血管ドクドク。

この高まりは本当に久しぶりです。楽しいこと嬉しいことから遠ざかること数か月、久々に現役の男を実感できてヒデキ感激ギャランドゥです。

でも体の反応以上に嬉しかったのが気持ちの高揚感。2月以来、女体に触れていないせいで日を追うごとに感情の起伏を失っている自覚がありました。

毎日が灰色で日に日にブラックが増えていくような感覚。そんな状況の中で一通のメールが呼び起こしてくれた色鮮やかな心の世界。

目の前がパアっと明るくなったようで本当に感謝です。そして書く気力も復活ということで、この暑さの中、懸命に書いています。

やはり、こんな時だからこそ恋とか憧れといった気持ちが大切なんでしょうね。こういう感情は人を前向きにさせる一面があり、いくつになっても忘れてはいけないということを勉強させていただきました&メール、本当にありがとうございました。

ランキングに参加しています&1クリックして頂けると喜びます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 50代の恋愛へ
にほんブログ村

50s.onlineのツイッターはこちらから