スケベ心や男女の絡みは生きる原動力という結論に至った今朝の地震

おはようございます。どうも最近の日曜日は寝坊することが多く、只今の時刻は午前11時。目覚めのインスタントコーヒーが美味しく感じられるので、僕はまだコロナ感染していないはずです。

さて、ステイホーム週間2日目。その目覚めは地震でした。震源地は茨木県南部でマグニチュード4.8。

この辺りの震度は2だったのですが、ドスンと縦揺れしたのが怖かったですね。それで一気に目が覚めたという感じでした。

地震といえばここ最近、長野県辺りで頻発しているのが気になるところです。

いわゆる三密にならないことが大切なこの時期、大きな地震が起こったら避難所は三密になること間違いないので、もうこれは祈るばかりです。

あの東日本大震災の時には、2日前に岩手県で震度5弱の前震があったはずです。

この記憶がずっと頭から離れないので、地震があったらその二日後に気をつけろ! これが僕のささやかな教訓です。

と、ここまで書いてきて思い出したのが平成7年の阪神淡路大震災。もう25年も経つんですね。当時、僕はまだ新米の会社員で仕事そっちのけで遊んでいた頃です。

その日はたまたま名古屋に出張していてビジネスホテルに宿泊していました。泊まっていた階は確か10階辺りの高層。

突然起きた激しい揺れに東海地震が来たんだ、もう終わりだとベットの中で頭を抱えた記憶があります。

それが阪神淡路大震災の揺れだったとニュースで知り、神戸市辺りの揺れはこんなもんじゃなかったはずで、地震は恐ろしいと改めて認識したものです。

まさに備えあれば憂いなし。何度も書いていますが、何事も事前に準備していれば、何が起こっても慌てる回数が少なくなるはず。

今、大地震が起きたらどうする? そう思って出来るところからチェックですよ、奥さん。

そして被災者の方々が、震災の悲しみを乗り越えて生きてきたのも事実。

北川景子さんに戸田恵梨香さん。僕らおじさんに妄想を与えてくれる当代きってのスター女優さんもまた、被災した経験をもっているとのこと。

そう考えると、なぜか力が湧いてきて、やはりスケベ心や男女の絡みは生きる原動力だという結論にたどり着き、明日も頑張ります。

文:レオンK

↓ポチッと応援してもらえると励みになります↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ